公務員になって初めての人事異動で注意すること。周りの人にお菓子などを渡す?

こんにちは、shunです!

いつも当ブログをご覧いただき感謝しております。ありがとうございます!

 

いよいよ4月から人事異動ということで、特に初めて異動される方は、不安やワクワクの感情を覚えているのではないでしょうか?

 

僕も初めての異動の時は本当に緊張したことを昨日のように覚えています。

 

さて、今回は異動に当たって、お世話になった方たちに何か配ったりするのか?ということをメインに書いていきます。

 

初の異動で勝手が分からない方も多いと思いますので、ぜひ参考にしてくださいね。

Sponsered Link

課や係でお世話になった方たちへ何か配るのか?

お菓子やちょっとした雑貨を渡す人もいる→女性に多い

異動に当たっては、自分の係内にお菓子を配ったり、ちょっとした雑貨(マグカップとか、ペンとか)を渡す人もいます。

 

自治体にもよるのかもしれませんが、基本的には組織文化として根付いている訳では無いので、各人にお任せですね。

 

ただ、女性はやっていた人がそれなりにいたような気がします。

 

僕も先輩の女性と同期の女性から貰いました。(先輩からはマグカップ、同期からはランチの際に使えるフォーク・スプーン・箸のセット)

 

係の中で2人異動になって、1人が係内でお菓子を配っているのに、自分だけ何も配らないとなると若干気まずさを感じる方もいるかもしれませんので、周りと相談しておいたほうがいいでしょう。

 

全く気にしない人もいる→こちらの方が多数。特に男性に多い

また、全く気にせず、別に何も渡さないで挨拶だけして去っていく人もいます。

というよりこちらの方が全体的には多かったかな。

 

特に、男性でお菓子を配って歩いている人を見た記憶はほとんどないです。

 

結局、公務員は異動が頻繁にあるので、それをやっているとキリが無い(?)ということで何もやらない文化として根付いたのかどうかは分かりませんが、ドライと言えばドライなのかもしれません。

 

ちなみに僕も何も渡してませんね(笑)

さすがに退職時は全員にお菓子を配って回りましたが。

 

結局はあくまで気持ちの問題ですが、それが文化というわけではないので、だからこそ逆に凄く良い印象として残ると思います。

 

僕も先輩と同期の女性から貰った時にもの凄く感動した記憶があります。

 

歓送迎会で個別に渡すのもアリ

係内全員には配りたくないけど(笑)、あの人にはどうしても渡したいというのがあれば、異動時だと目立ってしまうので、歓送迎会でお酒でも注いだついでに渡すのがいいと思います。

 

歓送迎会の時なら誰も周りのことなんて気にしちゃいないですしね。

Sponsered Link

逆に、異動先にお菓子を持って来た人は皆無

異動先の課内や係内にお菓子を配るという例は無いですね。

これは全く必要ないでしょう。

 

まだお世話になってもないのにプレゼントを配るって、逆になんとなくいやらしいですよね。

 

出向していた銀行はお礼文化がしっかりしていた

ちなみに僕は県庁時代、銀行に出向していましたが、銀行では、異動時に絶対お菓子を配ってましたね。

 

というよりもっと大掛かりな話で、僕が所属していた部の風習なのか、他の部でもやっていたかまでは分かりませんが、まずは送別会の中でそれなりの金額(1万円程度かな)のプレゼントが異動者に対して渡されます。

 

異動者は、後日、そのお返しみたいな感じで、ハンカチやお菓子などを配ります。

(だいたい半値程度がバックされるよう、1人あたり500円弱くらいのものが配られていました)

 

その上でさらに、箱入りのお菓子みたいなのを一つ、皆で食べてねみたいな感じで置いて行きます。

 

伝統的なルーチンみたいな感じでしたね。

 

おわりに

公務員になってからの初めての人事異動、もの凄く緊張しますよね。

 

市役所の方は最初の配属先が本庁という方も多いと思いますが、特に県庁の場合、最初の配属は出先という方もかなり多いのではないかと思います。(僕もそうでした)

 

その場合はそもそも住所が異なる訳ですし、かなり大きな環境変化になります。

正直出先の生ぬるい雰囲気に慣れきっていた僕は、本庁のなんとなくピリピリした雰囲気にビビりながら異動日を迎えたことを覚えています。

 

最初の頃は色々とルールも違って戸惑うこともあると思いますが、まぁそのうち必ず慣れます。

人間は慣れの生き物ですから。

 

また、気持ちが異動先に向きがちになるのをぐっとこらえ、お世話になった人たちへ感謝の気持ちを感じ、それを伝えてみてはいかがでしょうか。

(別にお菓子を渡さなくても、メールなどを送る手もあります)

 

最初の配属先で出会った人たちは本当に印象深いですが、一方で、二度と会わない人たちもたくさんいますから。

 

そして、今ある縁に感謝すれば、きっと異動先でも新たに良い縁に恵まれると思いますよ。

 

今回も貴重なお時間の中で文章をご覧いただきまして、本当にありがとうございました!

Sponsered Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です