【公務員種類別】月収・年収・生涯年収まとめ記事

現業職地方公務員(運転手・学校用務員等)の年齢別年収・生涯年収を比較!

こんにちは、元公務員ブロガーのシュンです!

いつも当ブログをご覧いただき感謝しております。ありがとうございます!

 

今回は、現業職公務員(=単純労務に従事。公用車運転手、電車運転士、学校用務員、ごみ収集作業員等)の年収がテーマです。

総務省統計に基づき、学歴別・年齢別に年収をまとめました。

 

本記事の内容

  • 都道府県現業職員の学歴別・年齢別年収と生涯年収
  • 指定都市現業職員の学歴別・年齢別年収と生涯年収
  • 市役所現業職員の学歴別・年齢別年収と生涯年
  • 町村現業職員の学歴別・年齢別年収と生涯年収
  • 特別区現業職員の学歴別・年齢別年収と生涯年収




都道府県現業職員の年収・退職金・生涯年収

まず、都道府県庁に勤務する現業職員の年齢別年収と退職金、生涯年収です。

18〜22歳 3,985,000円
23〜27歳 4,186,000円
28〜32歳 5,068,000円
33〜37歳 5,450,000円
38〜42歳 6,001,000円
43〜47歳 6,384,000円
48〜52歳 6,606,000円
53〜59歳 6,851,000円
退職金 17,449,000円
生涯年収 253,806,000円

※データ元:総務省「平成30年4月1日地方公務員給与実態調査」より。(以下同じ)

※生涯年収は年齢別(18〜59歳)の年収を累計した上で、退職金を加えたもの

 

なお、年収の定義を確認しておきますと、毎月の給与(各種手当を含む)とボーナスを全てあわせたものです。

要は年間でもらえるお金の全てです。

 

都道府県現業職員7,780名のうち、74%に当たる5,789名が高卒ですので、高卒区分で集計しました。(なお現業の場合、学歴による年収差はほぼありませんので、大卒・短大卒の場合も同様の額とみなしていただいてOKです)

 

指定都市現業職員の年収・退職金・生涯年収

次に、政令指定都市に勤務する現業職員の年齢別年収と退職金、生涯年収です。

18〜22歳 3,299,000円
23〜27歳 4,083,000円
28〜32歳 4,696,000円
33〜37歳 5,426,000円
38〜42歳 6,046,000円
43〜47歳 6,587,000円
48〜52歳 7,011,000円
53〜59歳 7,310,000円
退職金 18,083,000円
生涯年収 254,993,000円

 

指定都市現業職員18,244名のうち、61%に当たる11,098名が高卒ですので、高卒区分で集計しました。

 

市役所現業職員の年収・退職金・生涯年収

次に、市役所(政令指定都市以外)に勤務する現業職員の年齢別年収と退職金、生涯年収です。

18〜22歳 3,434,000円
23〜27歳 3,921,000円
28〜32歳 4,503,000円
33〜37歳 5,192,000円
38〜42歳 5,832,000円
43〜47歳 6,322,000円
48〜52歳 6,560,000円
53〜59歳 6,823,000円
退職金 17,550,000円
生涯年収 244,131,000円

 

市役所現業職員31,703名のうち、61%に当たる19,489名が高卒ですので、高卒区分で集計しました。




町村現業職員の年収・退職金・生涯年収

次に、町村役場に勤務する現業職員の年齢別年収と退職金、生涯年収です。

18〜22歳 2,615,000円
23〜27歳 3,244,000円
28〜32歳 3,703,000円
33〜37歳 4,192,000円
38〜42歳 4,872,000円
43〜47歳 5,198,000円
48〜52歳 5,543,000円
53〜59歳 5,847,000円
退職金 15,533,000円
生涯年収 203,297,000円

 

町村現業職員4,235名のうち、54%に当たる2,765名が高卒ですので、高卒区分で集計しました。

 

特別区現業職員の年収・退職金・生涯年収

最後に、特別区(東京23区)に勤務する現業職員の年齢別年収と退職金、生涯年収です。

18〜22歳 4,117,000円
23〜27歳 4,421,000円
28〜32歳 4,862,000円
33〜37歳 6,205,000円
38〜42歳 6,647,000円
43〜47歳 6,862,000円
48〜52歳 7,054,000円
53〜59歳 7,276,000円
退職金 16,497,000円
生涯年収 268,269,000円

 

特別区現業職員5,928名のうち、99%に当たる5,857名が高卒ですので、高卒区分で集計しました。

 

まとめ

  • 都道府県現業職員の生涯年収は253,806,000円
  • 指定都市現業職員の生涯年収は254,993,000円
  • 市役所現業職員の生涯年収は244,131,000円
  • 町村現業職員の生涯年収は203,297,000円
  • 特別区現業職員の生涯年収は268,269,000円

以上です。

 

町村が圧倒的に低い(町村は一般行政職も圧倒的に低いです)ですが、他は概ね2億5千万前後ですね。

ぶっちゃけ行政職とそこまで大きくは変わらない(生涯年収で1000〜2000万程度の差)ので、仕事内容で考えればお得な部分はあると思います。

 

今回も貴重なお時間の中で文章をご覧いただきまして、本当にありがとうございました!

 

あわせて読みたい

国家・地方公務員の年齢別給与や年収など、「あらゆる公務員の給料データ」をまとめた記事はこちら(多分日本一詳しいです)

 

↓公務員を目指している方はこちらがオススメ(県庁2位入庁の元公務員による試験対策・予備校分析など)

 

↓公務員になりたくて、かつ現在社会人の方はこっち(以下の無料ハンドブックで公務員になるまでの流れが全てわかります)

潰しがきかないはずの元公務員が、PC一つで月50万以上稼ぎ、自由を満喫している秘密を無料メルマガで配信中

僕は元公務員ですが、前例踏襲的な仕事が嫌すぎて退職し、現在はPCのみを使った週1〜2回の活動で、安定して月50万円以上を稼げるようになりました。

月収100万を超える月もありますし、このブログは1500万円での買収依頼があったりもしました。

なお、ブログ運営では月間90万PVを記録したりして、そのスキルに基づいてライティングのコンサルタントなどもおこなっています。

 

ビジネス経験なんてまるでゼロ、それこそ潰しのきかないはずの典型的な公務員人生を歩んでいたのですが、そんな僕でも安定月収50万円を稼ぎ、毎日自由に時間を使える充実した生活を送っています。

 

稼ぐために才能なんていりません。

ただやり方を知ってるかどうか、そして行動できるかどうかだけの世界です。(会社勤めをする公務員やサラリーマンよりずっと楽です笑)

きちんとした知識さえ学べれば誰でも稼げるようになります。

 

以下では、僕が公務員を辞めた理由と成果を出すまでの過程、ネットビジネス(ブログ及び動画)で稼ぐためのノウハウや考え方などを、全て無料で公開しています。

潰しのきかない公務員シュンが、退職してたった10ヶ月で公務員時代の収入を超えた方法