【民間】の給料・年収

職業別給料・年収ランキングトップ20!ダントツはあの職業でした。

こんにちは、元公務員ブロガーのシュンです!

いつも当ブログをご覧いただき感謝しております。ありがとうございます!

 

今回は、厚労省統計をベースに民間における年収の高い職業ランキングを算出してみました。

ついでに公務員のデータも乗っけています。

 

本記事の内容

  • 民間の職業別年収ランキングトップ20
  • 公務員の職種別年収(国家公務員・地方公務員・警察・教師)

なお、ワーストランキングは以下ですので気になる方は別途ご覧ください。




民間の職業別年収ランキングトップ20

以下、民間企業における職業別の年収ランキングトップ20です。

会社の従業員規模によってもかなり異なるので、1000人以上・100〜999人・10〜99人の3パターンについて掲載します。

 

純粋な金額だけでなく、年齢にも着目してご覧ください

(例えば1000人以上企業の大学教授と一級建築士を比較すると、140万ほど教授の年収が上ですが、平均年齢も15歳くらい高いため、実質一級建築士のほうが割高と言えます)

 

従業員規模1000人以上

職業
平均年齢(歳)
月収(手当込)(円) ボーナス(円) 年収(円)
航空機操縦士
43.1
1,618,100 2,761,500 22,178,700
大学教授
56.9
691,400 3,244,300 11,541,100
一級建築士
42.4
545,000 3,579,900 10,119,900
記者
41.3
617,800 2,049,400 9,463,000
公認会計士、税理士
37.4
582,000 2,406,400 9,390,400
医師
36.6
701,200 956,500 9,370,900
鉄筋工
45.5
616,400 1,782,000 9,178,800
大学准教授
47.9
564,000 2,322,800 9,090,800
高等学校教員
42.9
469,100 2,334,000 7,963,200
大学講師
43.2
517,100 1,543,400 7,748,600
歯科医師
39.5
546,900 828,600 7,391,400
獣医師
57.5
498,600 1,021,100 7,004,300
自然科学系研究者
39.6
442,700 1,528,300 6,840,700
電車運転士
41.6
422,000 1,688,800 6,752,800
製材工
42.4
441,400 1,392,900 6,689,700
発電・変電工
38.0
403,700 1,581,000 6,425,400
航空機客室乗務員
36.3
414,000 1,405,900 6,373,900
技術士
39.6
394,800 1,460,000 6,197,600
システム・エンジニア
38.5
392,400 1,381,300 6,090,100
自動車外交販売員
37.9
405,600 1,192,100 6,059,300
職業全体平均
41.8
389,000 1,319,900 5,988,000

(データ元「厚労省:H30賃金構造基本統計調査」以下同じ)

 

従業員規模100〜999人

職業
平均年齢(歳)
月収(手当込)(円) ボーナス(円) 年収(円)
医師
47.3
1,222,100 893,500 15,558,700
歯科医師
37.7
1,263,600 330,800 15,494,000
航空機操縦士
42.0
1,012,800 997,700 13,151,300
大学教授
58.4
609,200 2,263,900 9,574,300
弁護士
34.4
690,400 600,800 8,885,600
大学准教授
48.2
508,400 1,869,800 7,970,600
公認会計士、税理士
36.9
585,900 640,200 7,671,000
一級建築士
48.6
433,400 1,753,000 6,953,800
獣医師
36.0
453,200 1,222,900 6,661,300
不動産鑑定士
34.5
436,700 1,364,800 6,605,200
高等学校教員
42.7
414,900 1,567,500 6,546,300
記者
38.3
422,000 1,270,000 6,334,000
大学講師
42.3
413,000 1,160,300 6,116,300
自然科学系研究者
37.5
379,100 1,169,100 5,718,300
電車運転士
38.8
369,300 1,227,000 5,658,600
技術士
39.3
360,300 1,048,800 5,372,400
システム・エンジニア
37.7
360,100 1,006,900 5,328,100
薬剤師
40.7
369,900 873,900 5,312,700
バフ研磨工
41.8
337,600 1,240,600 5,291,800
とび工
42.1
377,000 748,000 5,272,000
職業全体平均
42.7
321,600 846,200 4,705,000

 

従業員規模10〜99人

職業
平均年齢
月収(手当込)(円) ボーナス(円) 年収(円)
医師
53.9
1,268,900 716,700 15,943,500
航空機操縦士
44.8
787,600 1,328,300 10,779,500
歯科医師
37.0
611,500 562,500 7,900,500
大学教授
59.7
543,700 1,374,500 7,898,900
大学准教授
49.7
476,800 1,410,500 7,132,100
弁護士
37.1
435,200 1,598,100 6,820,500
公認会計士、税理士
44.6
479,900 995,600 6,754,400
不動産鑑定士
52.2
353,800 2,118,100 6,363,700
薬剤師
47.2
425,000 988,300 6,088,300
高等学校教員
42.9
394,000 1,288,800 6,016,800
一級建築士
53.3
407,000 951,800 5,835,800
技術士
48.5
383,700 792,300 5,396,700
獣医師
34.4
390,900 632,000 5,322,800
大学講師
45.7
379,200 699,900 5,250,300
自然科学系研究者
41.4
360,200 909,300 5,231,700
発電・変電工
42.7
340,000 1,058,200 5,138,200
記者
40.9
360,800 802,000 5,131,600
社会保険労務士
51.5
370,100 682,000 5,123,200
港湾荷役作業員
45.2
364,900 740,000 5,118,800
クレーン運転工
47.2
378,100 490,400 5,027,600
職業全体平均
44.5
288,700 540,100 4,005,000




公務員の職種別給料・ボーナス・年収

次に公務員のデータです。

なんで公務員を載せるかと言えば、公務員は民間と比較してトップランキングに入れるくらいの年収水準だからですね。

(なお統計表の対象者が少し異なるため、民間と純粋な比較はできません。その点はこの下に留意点として書いておきますので、民間ときっちり比較したい場合はそちらをご覧ください)

職業
平均年齢(歳)
月収(手当込)(円) ボーナス(円) 年収(円)
国家公務員(行政)
43.5
463,684 1,659,436 7,223,644
都道府県庁(行政)
43.2
418,752 1,605,064 6,630,088
都庁(行政)
41.5
445,077 1,758,000 7,098,924
政令指定都市(行政)
42.0
443,083 1,666,214 6,983,210
市役所(行政)
42.0
399,144 1,525,726 6,315,454
町村役場(行政)
41.4
351,774 1,361,740 5,583,028
区役所(行政)
41.8
433,738 1,728,089 6,932,945
警察官
38.5
459,603 1,566,335 7,081,571
警視庁
38.8
492,245 1,801,700 7,708,640
教師(小中学校)
42.8
418,462 1,702,561 6,724,105

人事院「国家公務員給与等実態調査」、総務省「地方公務員給与実態調査」を用いて推計

 

民間と公務員を比較する際の留意点

民間の職業別統計の対象は、正社員・正社員以外・契約社員(有期雇用)が全て含まれたものです。(短時間労働者と臨時労働者除く)

公務員の統計の対象は正社員のみです。(非常勤雇用と臨時職員除く)

そのため、単純に比較をするのはフェアではない(公務員のほうが高めに出ている)ということになります。

どうしても同条件で比較したい場合、民間を完全に正社員のみという条件にするため、上記表年収に1000人以上規模は60万円、100〜999人規模は35万円、10〜99人規模は20万円程度をそれぞれ上乗せすると妥当(他の厚労省の統計より推計)ですので、この点を踏まえて比較してみると良いかなと思います。

→これを加味しても公務員はかなりいい条件だということが分かると思いますが・・・

 

おわりに

以上、職業別の給料・年収トップランキングでした。

 

今回も貴重なお時間の中で文章をご覧いただきまして、本当にありがとうございました!

 

>>ワーストランキングはこちら