医師の年収や給料推移(直近8年分)を開業医・勤務医ごとにまとめました。

こんにちは、シュンです!

いつも当ブログをご覧いただき感謝しております。ありがとうございます!

 

今回は、お医者さんの年収推移がテーマです。

 

厚労省の医療経済実態調査を元にして、

  • 病院長の年収推移(過去8年。年収ベースでの統計数字があるのが過去8年のため)
  • 病院勤務医の年収推移(同上)
  • 診療所院長の年収推移(同上)
  • 診療所勤務医の年収推移(同上)

をまとめました。

 

(参考)最新の年度の医療経済実態調査に特化して深掘りをした記事はこちらです↓

医者の年収や給料は?開業医と勤務医で1000~2000万近くの年収差!

2018年8月25日
Sponsered Link

「病院」における医師の年収推移

病院長の年収推移

年度給料年額ボーナス年額年収
201624,835,205円1,871,836円26,705,040円
201524,743,442円1,809,048円26,552,490円
201423,675,820円1,738,191円25,414,012円
201323,548,679円1,713,825円25,262,504円
201224,994,308円1,655,455円26,649,763円
201124,586,640円1,657,827円26,244,468円
201023,220,688円1,864,770円25,085,458円
200923,080,840円1,887,836円24,968,675円

厚労省:医療経済実態調査(第18~21回)より。区分は全体の数字(国立病院・公立病院・民間病院等の全体)を使用。以下同じ。

 

病院勤務医(院長以外)の年収推移

年度給料年額ボーナス年額年収
201613,167,933円1,712,670円14,880,603円
201513,159,038円1,704,387円14,863,425円
201412,756,895円1,805,411円14,562,306円
201312,712,008円1,803,508円14,515,516円
201213,251,534円1,816,196円15,067,729円
201113,156,292円1,793,331円14,949,623円
201012,731,027円1,746,593円14,477,620円
200912,555,221円1,785,836円14,341,057円

 

以上、院長に関しては年度によって100〜150万円前後のブレ(と言っても全体額が大きいため、そこまで大きな影響とは思われない)、医師に関してはほぼ同程度の金額で推移しています。

 

収益に大きな影響を及ぼす診療報酬改定が2年ごとに実施されていますが(直近だと2018、過去2016、2014、2012・・・)、そこが大きく給料に跳ね返っているという印象はありません。

 

「診療所」における医師の年収推移

診療所院長の年収推移

年度給料年額ボーナス年額年収
201627,373,713円115,357円27,489,071円
201527,545,587円122,919円27,668,506円
201428,734,681円140,877円28,875,559円
201328,862,332円136,262円28,998,594円
201227,386,310円125,677円27,512,487円
201127,674,341円110,175円27,784,517円
201027,182,948円81,457円27,264,405円
200927,028,896円80,815円27,109,710円

厚労省:医療経済実態調査(第18~21回)より。区分は全体の数字を使用(医療法人・個人事業主等の全体)。以下同じ。

 

診療所勤務医(院長以外)の年収推移

年度給料年額ボーナス年額年収
201612,112,781円464,766円12,577,547円
201512,341,807円441,369円12,783,176円
201411,515,577円707,679円12,223,256円
201311,335,494円698,160円12,033,655円
201212,742,260円646,854円13,389,114円
201112,532,995円642,381円13,175,376円
201012,711,150円701,352円13,412,502円
200912,474,490円677,064円13,151,554円

 

こちらも病院と概ね似たようなブレ幅ですね。

高いレベルで安定していると言えます。

Sponsered Link

勤務先区分による年収の違いや年齢別年収について

ここまで取り上げてきた数字は、病院の場合は国立病院・公立病院・民間病院等を含めた全体の数字、診療所の場合は医療法人・個人事業主等を含めた全体の数字になっています。

 

一方、例えば国立病院より公立病院のほうが給料が高いなど、区分によってもちろん差が生じます。

 

その辺の区分による差を細かく知りたい場合は以下の記事にまとめてありますのでよろしければご覧ください。

医者の年収や給料は?開業医と勤務医で1000~2000万近くの年収差!

2018年8月25日

 

また、平均年収だけでなく、年齢別に年収が知りたいという場合も同じく上の記事に記載がありますので、そちらをご参照ください。

 

まとめ

  • 病院長の過去8年の年収レンジは約2500~2650万円
  • 同じく病院勤務医は約1450~1500万円
  • 同じく診療所院長は約2700~2900万円
  • 同じく診療所勤務医は約1200~1300万円

以上、医師の年収推移に関するデータについてまとめてみました。

 

結論としては、「高い水準で安定している」ということですね。

圧倒的に年収の高い公務員みたいなイメージでしょうか。

 

人が最も積極的に行動する時はどういう時かと言えば、それは「痛みを避けたい」時です。

つまりビジネス的な観点から見ても、医師は非常に有利な職業です。

 

今後AIが大きく発達したとしても、それは診断の補助にはなりさえすれど、医師を代替することは当面難しいと想定される(一方で事務の仕事などはどんどん代替されますが)ため、今後も医師は高水準の給与を得続けることができる職業であるということが予測できます。

 

今回も貴重なお時間の中で文章をご覧いただきまして、本当にありがとうございました!

 

>>公立病院勤務医に特化して生涯年収等について詳しく分析した記事や、各医療関係者の給料に関してまとめた記事はこちらです。

医療関係者の給料・年収まとめ!医師・看護師・薬剤師などこれを見れば完璧!

2018年10月23日

Sponsered Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です