歯科技工士の給料は安い?年収は歯科技工所が約400万、歯科診療所が約300万。

こんにちは、シュンです!

いつも当ブログをご覧いただき感謝しております。ありがとうございます!

 

今回は、歯科技工士の給料や年収がテーマです。

 

厚労省の最新の統計資料(医療経済実態調査・賃金構造基本統計調査)を元にして、

  • 歯科技工士の給料・ボーナス・年収
  • 歯科技工士の手取り月収
  • 歯科技工士の年齢別年収

  • 歯科技工士の年収と民間企業(全産業平均)の年収比較

といった点をまとめました。

Sponsered Link

歯科技工士の給料・ボーナス・年収

 

企業(主に歯科技工所)に勤務する歯科技工士の平均年収は約400万

企業規模(平均年齢) 給料年額(手当含) ボーナス年額 年収
10人以上(40.1歳) 3,476,400円 590,500円 4,066,900円
1000人以上(32.2歳) 3,175,200円 768,000円 3,943,200円
100~999人(37.9歳) 3,108,000円 511,100円 3,619,100円
10~99人(47.9歳) 3,921,600円 484,500円 4,406,100円

厚労省「平成29年賃金構造基本統計調査」より

 

歯科技工士の7割近くが歯科技工所で勤務することになります。

そのため、上記の厚労省統計も概ね歯科技工所の年収を表しています。

 

1000人以上のところは平均年齢を考えればそれなりの金額ですが、他は40歳で概ね400万程度ということになっています。

 

なお、本統計は10人以上の企業のものですが、歯科技工所の大半が個人事業主です。

よって、この年収に比べてさらに厳しい数字となることが想定されます。

 

歯科診療所に勤務する歯科技工士の平均年収は300万もしくは360万

形態 給料年額(手当含) ボーナス年額 年収
個人 2,679,149円 350,950円 3,030,099円
医療法人 3,270,856円 345,017円 3,615,873円

厚労省:平成29年医療経済実態調査より

 

歯科診療所勤務となると、先ほどの統計に比べてさらに厳しい数字になっています。

 

また、厚労省のデータによると、歯科診療所のうち医療法人化しているのは2割に満たないです。

よって、歯科診療所に勤務する歯科技工士の方の場合、その多くは個人事業主の歯科診療所に勤務しており、平均年収は300万円程度ということが言えるかと思います。

 

歯科技工士の手取り月収

歯科技工士の平均手取り月収は18万〜23万

形態 月収(手当含) 手取り月収
10人以上の事業所(歯科技工所メイン) 289,700円 約230,000円
歯科診療所(個人事業主) 223,262円 約176,000円
歯科診療所(医療法人) 272,571円 約216,000円

※月収は厚労省統計の給料年額を12で割ったもの

 

手取りはざっくりと算出していますが、20万円前後ですね。

 

ボーナスを含めた手取り年収については、

  • 規模10人以上事業所(歯科技工所メイン)に勤務する場合は約320万
  • 個人事業主の歯科診療所に勤務する場合は約240万
  • 医療法人の歯科診療所に勤務する場合は約285万

といった数字になります。

Sponsered Link

歯科技工士の年齢別年収について

歯科技工士の年齢別年収は以下の通りです。

歯科技工士(男性、企業規模10人以上)の年齢別年収

20~24歳 2,636,900円
25~29歳 4,016,100円
30~34歳 3,588,000円
35~39歳 4,596,400円
40~44歳 4,415,000円
45~49歳 6,559,700円
50~54歳 6,815,300円
55~59歳 5,215,600円

厚労省「平成29年賃金構造基本統計調査」より

 

なお、歯科診療所勤務の場合の年齢別の数字はありませんが、上記の年齢別と比べ各年代ともにかなり低い数字になってくるのは間違いありません。

 

歯科技工士の年収を民間企業(全産業)の年収と比較

歯科技工士の年収は、民間企業の平均年収と比べてどうなのかという観点から比較をしてみます。

 

以下が民間企業(全産業)の平均年収です。

  • 10人以上の民間企業(全産業)の平均年収(男女計・学歴計) 491万1500円
  • 10人以上の民間企業(全産業)の平均年収(男・学歴計) 551万7400円
  • 10人以上の民間企業(全産業)の平均年収(女・学歴計) 377万8200円

厚労省「平成29年賃金構造基本統計調査」より算出

 

既に算出した通り、歯科技工士の年収は400万(企業規模10人以上の事業所=主に歯科技工所)、300万(個人事業主の歯科診療所)もしくは360万円(医療法人の歯科診療所)です。

 

歯科技工士は男性が主流ですので、男性の民間平均年収551万と比較した場合、大幅に低いと言っていいと思います。

 

まとめ

  • 歯科技工士の年収について
    • 規模10人以上の事業所(=主に歯科技工所)勤務の場合は約400万円
    • 個人事業主の歯科診療所勤務の場合は約300万円
    • 医療法人の歯科診療所勤務の場合は約360万円
  • 歯科技工士の手取り収入について
    • 規模10人以上の事業所(=主に歯科技工所)勤務の場合は約23万円
    • 同じく手取り年収は約320万円
    • 個人事業主の歯科診療所勤務の手取り月収は約18万円
    • 同じく手取り年収は約240万円
    • 医療法人の歯科診療所勤務の手取り月収は約22万円
    • 同じく手取り年収は約285万円

以上、歯科技工士のお金に関するデータについてまとめてみました。

 

規模1000人以上の企業に勤務するとなればそれなりの収入が確保されそうですが、基本的には民間の全体平均と比べて低い年収ですね。

 

今回も貴重なお時間の中で文章をご覧いただきまして、本当にありがとうございました!

 

>>こちらの記事もオススメです。

歯科衛生士の給料は安いのか?年収約260万で民間女性平均より120万円も低い。

2018.09.26

Sponsered Link



2 件のコメント

  • 歯科技工士の年収は400万円(企業規模10人以上の事業所=歯科技工所)
    300万円(個人事業主の歯科診療所)
    もしくは360万円(医療法人の歯科診療所)
    とありますが…これには労働時間が加味されていませんね…。

    歯科技工士は一般的に超長時間労働です。1日に15時間労働も当たり前です。
    しかも社会保険や厚生年金、福利厚生など無い事業所も多いです。
    なので労働時間を加味すれば、実質賃金はこの半分以下になります。
    高い学費を払い国家資格を取得しても離職率は8割をこえるブラック業界ですね…。

    • 大変貴重なご意見をいただきましてありがとうございます。

      そういった実態までは統計では掴めない(公式統計ではサービス残業などの実態は掴めない)ところがあるため、大変重要な情報だと感じました。

      情報のご提供心より感謝申し上げます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です